アーセナルを中心に、プレミアリーグの試合結果や選手のコメント・情報、またそのほかのサッカーに関することを伝えるブログです!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チャンピオンズリーグ・グループEでまさかの事態が起きようとしています。
現在グループEのトップはすでに決勝トーナメント進出が決まっているリヨン。そのリヨンを勝ち点差1で追うのが、2位フィオレンティーナ。
そして2位と勝ち点5差の3位につけるのが、名門リヴァプール。

リヴァプールは残りの2試合に必ず勝利しなければ、GL敗退が決まってしまします。
一方のフィオレンティーナは、リヨン戦で勝利すればその時点でGL突破が確定します。
この2チームの情報を伝えていきたいと思います。

まずリヴァプール。監督のベニテスは次のように語っています。
「我々はいくつもミラクルを起こしてきた。今は非常に厳しい状況だが、今度も同じようにやれるはずだ。我々は自分たちのことに集中しなければならない。」

しかし、リヴァプールのスカッドは驚くほどケガ人を多く抱えています。
F・トーレス、バベル、アッガー、F・アウレリオと主力が相次いで離脱。これは深刻な問題だと思います。
大黒柱のジェラードに期待がかかります。

一方のフィオレンティーナ。こちらはエースのムトゥが戦線離脱しており、ジラルディーノやヨヴェティッチらに攻撃を託すことになりそうです。

どちらも負けられないゲーム。
どういう結末になるか、見てみたいと思います(・±・)
スポンサーサイト


Q:アルセーヌ・ヴェンゲル監督はどんなところが特別ですか?

ロシツキ:まず、自分のチームのメンバーとして選んだ選手を心から信じていること。それから、彼のサッカー観や目指しているプレー、勝ち方。彼のスタイルは際立っていると思う。これまで僕が指導を受けた中でも、彼のような哲学を持っている監督は他にはいない。自分の望むプレーをするように選手に教えられるし、求められている役割をすぐに理解できる選手と契約する術に長けているんだ。

Q:AZ戦、ウストハム戦、そしてユナイテッド戦と、アーセナルはリードしても同点、または逆転されてしまいました。なぜアーセナルはリードを十分に生かせないのでしょうか?

ロシツキ:これもまたいい質問だね。一つには、少しだけ集中が途切れてしまうことがあるからかもしれない。でも、もう今は、主審が終了の笛を吹くまで試合は終わらないことを全員が認識しているよ。それらの試合に学ぶことができたと思う。

Q:アンドレイ・アルシャビンと一緒にプレーしてみて、彼はどんな選手だと思いますか?

ロシツキ:彼は一緒にプレーして楽しいタイプの選手だね。賢くて、飲み込みの早いフットボーラーだ。本当によくチームに溶け込んでいるよ。

Q:趣味は何ですか?何かを収集したりしてますか?

ロシツキ:コレクターではないね。それ以外でいえば、ギターを覚えようとしているところ。あまり上手ではないけど、練習しようとしているんだ。

インタビューはまだまだ続きがあるんですけど、結構長いのでまた後日お伝えしようと思いますm(_ _)m

それでは(^^


11月のはじめに、アーセナルMFトマシュ・ロシツキのインタビューがありましたので紹介しておきたいと思います(^^
ちなみに上の写真はプレシーズンマッチでのロシツキです!

Q:今シーズンあなたが復帰して喜びを感じています。今のチームでトロフィーは獲得できると感じていますが?

ロシツキ:とれると思うよ。このチームにはトロフィーを手にするだけの質の高さがあり、今季は成功を収められるはずだ。プレミアリーグのタイトルはどうかって? もちろんさ。見てのとおり、ゴールは問題なく奪えている。今季の得点数は今のところリーグ最多だからね。あとはチーム全体でしっかり守れるようになれば、優勝できるだろう。

Q:長期離脱を終え、チームに戻って来てみてどんな感じですか?

ロシツキ:戻ってこられたのは最高の気分で、楽しんでいるよ。サッカーがしたくて仕方がなかったんだ。

Q:今シーズンのアーセナルは、昨年と比べどうですか?

ロシツキ:いい質問だね。まだ若いチームだけど、1年を重ねて経験もその分積んだ。アデバヨールとコロ・トゥーレは失ったが、トーマス・ベルマーレンという素晴らしいDFが入団して、去年の冬に加わったアンドレイ・アルシャビンもいる。さらに僕とエドゥアルドも戻ってきたんだから、チームは成熟し、経験も豊富になったよ。

Q:1番好きなポジション、プレーしやすいポジションはどこですか?

ロシツキ:中盤のセンターが一番好きかな。左でも右でも問題なくプレーできるけどね。ユーティリティープレーヤーであることは、自分の強みになっていると思う。でも、自分で好きに選べるとすれば、センターが一番楽しいよ。

Part2に続きますm(_ _)m


アーセナルは火曜日に、CLグループリーグ第5節を迎えます。
相手は前回苦しめられたスタンダール・リエージュ。

前回のこの対戦カードは、9月16日にスタンダールのホームで行われました。
試合は序盤からスタンダール・リエージュのペースで進んでいき、CKのこぼれ球をエドゥアルドが処理に失敗し、それ相手に拾われそのまま先制を許してしまいました。数分後にも中盤の不用意なパスミスからボールを奪われ、ドリブルでペナルティーエリアに侵入してきた相手を倒してしまい、PKを奪われ2ー0。

アーセナルは試合の流れをなかなか掴むことができず、時間だけが過ぎていきました。
が、前半終了間際にディアビのスルーパスを受けたベントナーがネット左隅に上手く蹴り込み1点を返し、2ー1でハーフタイムを迎えた。

後半はお互いに決め手を欠き、2ー1のままむかえた80分。セットプレーから最後はトーマス・ヴェルマーレンが押し込み同点とすると、2分後にはCKからエドゥアルドが決めて3ー2。そのままフルタイム。

今回の対戦はエミレーツ・スタジアムで行われるので、AZ戦のような華麗なパスサッカーで勝利を収めてほしいと思います♪

それでは(^^


11月22日に行われたトットナムvsウィガンのスコアは9ー1。
トットナムが決めたこの9得点は、プレミアリーグタイ記録だそうです!

そして驚くのが9点のうち、8点が後半に取ってるんですよね(x。x)゜゜

さらに驚くのがデフォーが1人で5得点したことです(◎-◎)笑うしかないですW
その5点も全て後半に決めています><

リーグ戦はまだまだ続くので、これから彼らがリーグを面白くしてくれるのではないかと期待しています(^^
と同時に怖い存在でもあります(・±・)

とりあえずスパーズおめでとう!!次は10点かなW
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 Gunnersのブログ♪ all rights reserved.
プロフィール

tomas

Author:tomas
初めまして><来てくれてありがとうです!アーセナルが好きな方、是非コメントしていってくださいね♪

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2009年11月 | 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


カテゴリ
FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ
最新トラックバック
英検2級英単語4択ドリル
PopUp WikipediaⅡ

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ

メッセージボードα

- Information -

ここに、お好きなテキストを入れてください。


-- E N D --
.
.

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。