アーセナルを中心に、プレミアリーグの試合結果や選手のコメント・情報、またそのほかのサッカーに関することを伝えるブログです!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェルシーvsエバートンのゲームは3ー3のドローに終わりました。

このゲームを一言でいえば、「誰も予想できないゲーム」でした(◎-◎)
スタンフォード・ブリッジで行われたこのゲーム。

先制したのはアウェイのエバートン。セットプレーからGKチェフのオウンゴールが決まり、思わぬ形で試合が動きます。。

が、その6分後、ドログバ、アネルカが立て続けにゴールを奪い、あっさりと逆点してしまいます。その後は完全なチェルシーペース。もはや攻撃の糸口さえ見つからないエバートン。

しかし、またもや思わぬ事が起き、同点となります。
それは負傷したジョーに代わり、ヤクブが投入された直後の前半ロスタイムでした。
スローインからのボールがゴール前に落ち、一度は跳ね返されますが、ペナルティエリアに転がったボールをエバートンが拾いシュート。これが転倒していたDFカルバーリョに当たり、そのこぼれ球を、ヤクブが押し込み、同点に追いつきます。チェルシーとしてはなんとも不本意な形で追いつかれてしまいました。

後半、相変わらずのチェルシーペースが続き、いつゴールが生まれてもおかしくない状況。

そして、右からのクロスをファーで待っていたドログバがDFを背負いながらゴールを決め、3ー2。

さすがにここまでかと思われましたが、エバートン劇場はまた続いていました。67分、ハーフウェイライン付近からのFKをゴール前に放り込み、ドログバがクリアを試みますが、このクリアしたボールが、ドログバの前にいたサアに直撃。その直撃したボールがそのままバーのぎりぎり下を通っていき、ネットを揺らします。
信じられないゴールで3ー3の同点。チェルシーはもはやアンラッキーでは済まない3失点。その後、チェルシーは攻め込みますがゴールは生まれずタイムアップ。
こんな展開を誰が予想できたんでしょうねw

これは映像を見たほうがおもしろいw
それでは(^^
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://foot2010.blog111.fc2.com/tb.php/97-36d079fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 Gunnersのブログ♪ all rights reserved.
プロフィール

tomas

Author:tomas
初めまして><来てくれてありがとうです!アーセナルが好きな方、是非コメントしていってくださいね♪

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリ
FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ
最新トラックバック
英検2級英単語4択ドリル
PopUp WikipediaⅡ

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ

メッセージボードα

- Information -

ここに、お好きなテキストを入れてください。


-- E N D --
.
.

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。